巨人 05


マリナーズは21日、公式サイトで、イチロー外野手(45)が現役を引退することを発表した。

イチローは「日本とアメリカで多くの夢を達成することができた。メジャーでキャリアをスタートさせたマリナーズで、キャリアを終えることを誇りに思っている。プロとしての最後の2試合を母国の日本でプレーできてよかった」とコメントした。

 この日の試合では2試合連続の「9番・右翼」で先発出場し、三邪飛、二ゴロ、見逃し三振、遊ゴロだった。試合後には、帰らずにイチローの名をコールするファンの前に再び姿を現し、グラウンドを回り、手を振って感謝の意を示した。

 「50歳まで現役」――。イチローが常々、口にしてきた領域にたどり着くことはできなかった。メジャーデビューの01年から前人未踏の10年連続200安打を達成したが、ここ数年は出場機会の減少とともに持ち前のバットコントロールも陰を潜めるようになった。マーリンズに在籍した17年は代打中心となり、打率・255。昨季は古巣マリナーズに6年ぶりに復帰したが、わずか15試合出場で打率・205と結果が出ず、5月3日にメジャー40人枠を外れ、会長付特別補佐に就任する異例の措置が取られた。

 今年1月にマイナー契約を結び、再び「選手」として戻ってきた2月のキャンプ。「“イチロー選手”って呼ばれるのは気持ちいいね。僕にとっては大きな記念日」と晴れやかな表情を浮かべたが、オープン戦では苦しんだ。昨年5月2日を最後に試合に出場していなかったブランクは大きく、巨人とのプレーシーズンマッチ2試合も含めて31打数2安打、打率・065。24打数連続無安打で、日米通算28年目の開幕を迎えていた。

 それでもイチローが残してきた足跡は永遠に色あせることはない。オリックス時代はNPB初のシーズン200安打、7年連続首位打者などの偉業を達成。01年に海を渡ると、当時パワー全盛だったMLBにスピードと技術で挑み、次々に安打記録を塗り替えた。04年にマークしたシーズン262安打は不滅の大記録。16年には米野球殿堂入りの基準となるメジャー3000安打に到達した。通算安打は日米合わせて4367本だった。

 多くの人々に勇気と感動を与えた濃密な野球人生は28年で幕を閉じることになった。まさに「時代」を駆け抜けたイチローは、平成の終わりとともにユニホームに別れを告げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000256-spnannex-base


スポンサードリンク







おすすめ記事!










   

20160504-00000237-sph-000-view ピックアップ記事


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
20160504-00000237-sph-000-view オススメ記事



20160504-00000237-sph-000-view 人気記事ランキング